紫外線対策は基本をおさえる事でしっかりとシミ予防できます

肌がきれいなので満足をする女性

肌の老化トラブルとして挙げられるシミやシワ、肌の乾燥といった症状は、外出したときに浴びている紫外線によるダメージが原因の一つだと言われています。夏場など紫外線量が多くなる時期などは、日焼け止めなどを塗るなど対策をしていないと日焼けをしてしまいます。肌が黒くなるメカニズムは、紫外線によるダメージから肌細胞を守るために皮膚内部にあるメラノサイトからメラニン色素が生成されているためです。メラニン色素を作り出すことによって、肌の細胞内にあるDNAにダメージを与えないための体の保護機能として働いています。

通常日焼けをしてしまった肌は、正常なターンオーバーを繰り返すことで古い皮膚として排出されていくため、通常は肌に残らずに綺麗な肌に再生していくのですが、過度に紫外線を浴び続けてしまうと肌は異常事態と判断し、普段よりも過剰にメラニン色素を生み出してしまう恐れがあります。また肌のターンオーバーは、紫外線を多く浴びたりスキンケアの刺激や、普段の生活で蓄積しているストレスといった色々な原因が元で、新陳代謝のサイクルが乱れてしまいがちです。サイクルが乱れると通常は排出されるメラニン色素が肌内部に停滞してしまい、メラニンが肌内部にどんどん蓄積して色素沈着を起こし、シミに繋がると言われています。

それでは自分で行うシミ予防として紫外線によるダメージから肌を守るために行うべきなのが、外出する際にはUVカットが行える日焼け止めを露出している肌にしっかり塗ることです。日傘や帽子、手袋などを活用することで徹底的にカットすることで紫外線対策が徹底出来ます。屋内にいる時には日焼け止めを塗らないという方も多いのですが、紫外線は窓ガラスを通して中に降り注ぐ特徴をもっているので、屋内にいてもダメージを受けてしまう場合があります。そのため紫外線対策を念入りに行うなら、外出をしない場合も日焼け止めは日頃から塗る習慣をつけることが大切です。すでにシミが出来てしまっている場合は、これ以上状態が悪化したり広がってしまうのを防ぐためにも美白化粧品を利用するようにしましょう。美白化粧品にはメラニン生成を抑える作用や、すでに出来てしまっているシミを薄くするメラニン還元作用を持っています。ビタミンC誘導体やトラネキサム酸、ハイドロキノンといった美白効果の高い有効成分を含む化粧品を普段のスキンケアに取り入れることで、日頃からシミ予防を行うことが可能です。