私のニキビは白ニキビ?黒ニキビ?特徴や違いを知って改善しましょう

ふとした時に肌に出来てしまう肌トラブルの一つがニキビだと言われていますが、ニキビは適切な対処をすれば悪化する前に綺麗に完治させることが出来ます。しかしニキビの進行度によっては特徴や対処方法が異なってくるので、ニキビの様々な種類を理解しておくことをおすすめします。この肌トラブルが起こってしまう原因の一つに、思春期など10代の頃に出来る症状なら皮脂分泌の量が過剰で毛穴を皮脂が塞いでしまうことが挙げられます。大人になってから出来る状態は、肌のターンオーバーサイクルが崩れることで、古い角質が排出されずに毛穴を塞いでしまうことが影響しています。

どちらの状態も毛穴の中に皮脂や角質が蓄積して、アクネ菌の繁殖が進行してしまうことで毛穴が炎症を起こしており大きな違いはありません。初期の白ニキビは毛穴に皮脂や角質が詰まっている状態であり、患部が薄い皮膜で覆われており表面はまだ閉じた状態なので発信が白から乳白色に見える特徴があります。黒ニキビは白ニキビとの違いとして、中に蓄積している汚れが酸化することで黒くなっています。皮脂が盛り上がって穴が開いており中の酸化した汚れが見えている状態です。白ニキビ、黒ニキビはどちらも毛穴が炎症を起こして赤く腫れている状態ではないので、早期対処をすれば悪化する前に改善させることができる時期です。

初期段階の状態であれば、中の汚れを排出させてしまえば治りが早いと信じている方は多いですが、これは皮膚科など医療機関で消毒した器具を使用して行う場合に限られ、自宅で指で無理に押し出してしまうと指に付着している雑菌が毛穴の中に入り込み炎症が悪化してしまう原因となります。こういった無理なセルフケアは炎症の悪化や消えない跡が残る可能性が出てくるので、外部からの刺激は出来るだけ与えずに肌を清潔にし、専用の治療薬を塗布して対処をすることをおすすめします。洗顔に使用する洗顔料は肌への刺激を減らすためにも低刺激性や、弱酸性の殺菌洗浄料を利用すると患部に刺激を与えることなく、優しく汚れを取り除くことが出来ます。また肌のコンディションを整えるためには、保湿をしっかり行うことが重要です。肌の乾燥は皮脂の過剰分泌に繋がる原因となるため、出来るだけ低刺激タイプの保湿化粧品を利用してお手入れを行うようにしましょう。専用の治療薬を塗布する以外にも、ビタミンB2やビタミンB6などが配合されているサプリメントを服用することにより、肌荒れの改善を体の内側から行うことも効果的です。