レチンAクリームとトレチノインを上手に使用してニキビ治療

スキンケアをする女性

多くの方が経験したことのある肌トラブルの一つとして挙げられるのが、ニキビの症状だとされています。ニキビというと10代など思春期に出来る肌トラブルというイメージを持っている方も多いですが、肌の乾燥やターンオーバーが低下することが原因となって大人になってから症状が頻繁に出てしまうという方も少なくありません。

大人ニキビは古い角質が毛穴を塞いでしまうことが原因の場合が多いので、肌のターンオーバーを活性化させることが重要になります。しかし自分で肌の新陳代謝を改善させることには限度があるため、皮膚科などの医療機関ではトレチノインを利用した外用療法で肌のコンディションを整える治療を行う場合が増えてきています。

トレチノインはビタミンA誘導体とも呼ばれており、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制したり、古い角質を剥がすピーリング効果があることから、シミやニキビ、シワなどの肌トラブルを改善する治療薬として利用されているのです。特に、ニキビ治療には非常に高い効果があるといわれており、現在出来てしまっている症状を治癒させることと、これから出来てしまうのを未然に防ぐ治療をどちらも行うことが出来るので、肌トラブルが頻繁に起こってしまうという方にとっては非常に強い味方です。実際に自宅でトレチノインを取り入れたスキンケアを行うなら、レチンAクリームを利用した治療が人気になります。

レチンAクリームには主成分であるトレチノインが配合されており、肌に使用することで古い角質を排出させて皮膚再生を速めることにより、肌の若返り効果を得ることが出来る美容クリームとして注目されています。繰り返し使用すると肌のターンオーバーが正常になるだけではなく、皮膚内部のコラーゲン分泌を高めてくれるので、ハリと弾力を与えて目立つシワを改善することが出来るなどアンチエイジング効果も期待することが出来ます。

ヒアルロン酸分泌も高める効果があるので、レチンAクリームを普段のお手入れに取り入れることで潤いのある美しい素肌に改善することが可能です。ニキビ治療として利用される機会が多いレチンAクリームですが、顔以外にも肘や膝など黒ずみが目立つ部位であれば全身に使用することが出来る特徴があります。ただ、使用時の注意点としては、肌の新陳代謝が活性化して刺激を受けやすい状態となっているため、クリームを使用している間は外出時に日焼け止めなどをしっかり塗って紫外線対策を行うことが大切です。