ニキビを潰してはいけない理由は?潰していいタイプもあるの?

Tゾーンやフェイスラインなどに繰り返しニキビが出来てしまい、対処方法に困っているという方は少なくありません。ニキビが出来る原因は普段の生活習慣が不規則であったり、ストレスを溜めがちなど色々な原因が挙げられますが、原因を改善するだけではなくどれだけ早くに適切なケアを行えるかも重要になります。

ニキビは進行度によってどんどん症状が悪化していく特徴を持っており、最初はどのニキビも皮膚の角質が厚くなることで毛穴を塞いでしまい、皮脂汚れや角質汚れが蓄積することで白い汚れが詰まっている状態になります。毛穴に詰まった皮脂が多くなり、酸化してしまうと黒く変色するため一般的には黒ニキビと呼んでいます。皮脂分泌が多い小鼻周りに起こりやすくいちご鼻の状態とも呼ばれて理由です。しかし、毛穴に皮脂が詰まっている状態はまだニキビの状態ではなく、毛穴の中に汚れが詰まって蓄積している状態なので、アクネ菌など雑菌が毛穴の中に入り込み増殖をしない限りは炎症を起こす心配はありません。そのためセルフケアを行う場合は、白ニキビと黒ニキビに限り対処をしても問題はないと言われています。

炎症を起こしていない毛穴は、角質が厚くなり皮脂が溜まっているので潰しても問題はありません。ただこの時に指で潰してはいけないといわれています。その理由は指には目に見えない雑菌が多く付着しているので、毛穴に雑菌を付着させて炎症させてしまう可能性があります。そのため清潔な環境下で、滅菌処理された面皰圧出器を使用するか滅菌された綿棒を使用することをおすすめします。一番手軽なのが綿棒を2本用意して、ニキビを挟むようにして優しく角質を押し出すだけです。潰した後はそのままにしておくと雑菌が入ってしまう恐れがあるので、必ずにきび専用の治療薬を塗布しておくことが大切です。反対に炎症を起こしている状態や、中に膿が溜まっている状態の場合は潰してはいけない状態です。炎症を起こしている場合は出来るだけ刺激を与えず、清潔な状態を維持して専用の治療薬を塗布して炎症を抑えます。また肌のコンディションを整えるためにも普段の生活習慣を見直し、食生活を改善することで早期に治癒させることができます。

炎症を起こしてしまっている場合は、セルフケアを行うことは難しいので皮膚科に受診することも大切です。治療薬の処方をしてもらえるので改善しやすく、適切なケアを指導してもらえるので予防することが出来るようになります。