キーワードは角質!ニキビを効果的に治療できるケミカルピーリングとは?

大人になってからできるニキビの症状は、思春期ニキビとは異なり皮脂の過剰分泌が原因ではなく、古い角質が排出されずに肌に蓄積してしまうことで、毛穴を塞いでしまうことが原因だと言われています。大人になってからターンオーバーのサイクルが乱れるのは、加齢が原因であったり、日々のストレスやホルモンバランスの乱れなど様々な原因がありますが、古い角質が排出出来ないとニキビだけではなく、肌のくすみやシミなどの肌トラブルに繋がる可能性があるので、早めに対策をする必要があります。

自分で行うスキンケアでは行えるお手入れに限度があるので、美容クリニックなどの施設で受けることができるケミカルピーリングが注目されています。ケミカルピーリングはAHAと呼ばれるアルファヒドロキシ酸やフルーツ酸と呼ばれる成分と、サリチル酸といった薬剤を肌に塗布することで、肌に蓄積している古い角質を剥がし、皮膚再生を促す事ができる施術です。ケミカルピーリングを初めて行う場合、肌の新陳代謝を活性化させる効果が働くので薬剤が浸透する際にピリピリとした刺激を感じる恐れがありますが、これは薬剤がきちんと皮膚に作用しているサインでもあります。

美容クリニックではカウンセリングを通じて、肌のコンディションや肌質をきちんと把握しているので、使用する薬剤もその人にあった物を選んでいますし、部位によっては使用する薬剤の濃度を調整して使用するため、肌への負担を最小限に抑え安全かつ高い美容効果を与えることができるメリットを持っています。ピーリング自体は自宅でセルフケアとして行うことも可能で、最近はAHAの成分が配合されているピーリング剤や洗顔石鹸などもドラッグストアで購入することが出来ます。ただ家庭用として配合されている成分の濃度が低いタイプが多く、安全に普段のスキンケアに取り入れることができる手軽さがあります。

ニキビによる赤みや茶色などの色素沈着や、デコボコとした状態のニキビ跡を早期に改善したいと思っている方は、家庭用のピーリング化粧品を地道に使用するよりも、医療機関に相談をして医師の元でケミカルピーリングを受ける方法がおすすめです。最近では美容クリニックでもサリチル酸をマクロゴールという基材に溶かした製剤を使用する方法を導入しており、角質層以外を傷つけずに炎症が起こりにくくなり、敏感肌の方でも安心して施術を受けることができるようになっています。