水で顔を洗っている女性

毎日きちんとスキンケアを行っているという女性は少なくありませんが、大半の方が自己流で洗顔をはじめとしたスキンケアを行っている場合が多く、間違ったお手入れを繰り返すことによって肌に負担をかけてしまっている可能性が非常に高いです。しっかりスキンケアをしているつもりでも、肌質がいまいち改善しないという方は、一度正しい方法で毎日のケアを徹底することでベースとなる美肌に近付けることが可能になります。

素肌のコンディションを整えるために基本となるスキンケアの一つが洗顔です。肌の汚れをしっかり落とそうとして、ゴシゴシ力を込めて洗ってしまう癖が付いている方は多いですが、デリケートな肌にゴシゴシ洗ってしまうのは摩擦による刺激で色素沈着を引き起こす可能性があります。また過剰な洗顔は肌に潤いを与えるために必要とされる皮脂まで取り除いてしまうため、乾燥や敏感肌の原因にも繋がる恐れが出てくるのです。こういった過剰な洗顔を繰り返すと、保湿を行っているつもりでも皮膚は潤いが不足する乾燥肌になってしまいます。また刺激を与えるケアを繰り返すと、毛穴が広がりやすくなったりたるみが目立つ肌質に進行してしまう恐れが出てきます。

また、肌に刺激を与えたくないとしっかり洗浄が行えていないと、肌の古い角質や皮脂が十分に取り除くことが出来ないことで、汚れが毛穴を塞いでしまい生え際やフェイスラインを中心にニキビが出来やすい状態になります。最近では泡洗顔を心がけている女性も多いのですが、泡で洗うことに固執してしまうことで、汚れが十分に落とすことが出来ずにくすみや肌のごわつき、ニキビが出来てしまう原因となるのです。そこで理想的なお手入れを行うためにも、まず心がけたいのが最初に手を綺麗に洗って、手に付着している汚れや油分を十分に洗い流してから洗顔を行うようにしましょう。清潔な手で洗顔をしないとせっかくのお手入れも意味が無くなってしまいます。特にハンドクリームを使用する機会が多い場合は、手に油分が多く付着しているのでしっかり洗い流すことが大切です。次に洗顔料を泡立てる場合は、硬い弾力のある泡よりもきめ細かく柔らかな泡で洗顔をすることが大切です。泡に水分が多く含まれていることで肌に馴染みやすく、洗い流しやすくなるメリットもあります。ぬるま湯を加えながら泡立てることで理想的な泡に仕上がります。実際に洗う時間は1分以内を目安に、皮脂の多い額から円を描くように洗い、乾燥しやすい頬や目の周りは最後に行うことがポイントです。すすぎはぬるま湯でしっかり行い、清潔なタオルで抑えるように優しく水分を取り除けば美肌に近づく洗顔方法は完了です。